家庭教師コラム記事一覧 | 静岡の家庭教師ならアズネット

関東経済産業局認可 家庭教師派遣業協同組合加盟
0120-832-828 資料請	求はこちら

物語文が苦手なお子様向け 勉強テクニック

国語という教科は教えるのも教わるのも難しいと言われます。勉強してもその成果がすぐに出ないことに加えて、「できるようになった」という実感が非常に湧きにくいということも影響しています。

しかし物語文などは解き方のポイントを知っているだけでかなり楽に
解くことができるようになるのです。

ここでは物語文が苦手な生徒向けの勉強方法を紹介していきたいと思います。

(さらに…)

選択式は簡単?!国語の選択式問題のテクニック

志望校の難易度によって選択問題のパターンは変わるので注意

単純に選択問題と言っても様々なパターンがあります。
例えば4つの選択肢で、明らかに正解が1つはっきりしていて他の3つはまったく違う内容のものであれば答えるのは簡単です。
これは中堅校以下の入試問題によく見られます。
このパターンであれば、じっくりと読んで最低限の知識と判断力があれば正解できるでしょう。

しかし選択問題は難しくしようとすると際限なく難しくなります。
大学受験の難関校の入試の選択問題など、「どれも正解のように見える」ような選択問題を出題してきます。
これは中学入試でも同様で、関東の御三家や関西の灘・甲陽などの最難関校になると簡単に答えが選べない選択問題ばかりです。
そのような問題に「適当に答える」程度ではまず正解しないでしょう。
選択問題の正しい解き方をマスターしておく必要があると言えます。

選択問題で正しい答えを選ぶ解き方とは?

ある程度偏差値が上がってくると「間違えた答えを選ばせる」ような出題形式になってきます。
それにはいくつものパターンがあり、惑わされて違う答えにミスリードされる生徒が非常に多くなっています。
こういった「意地の悪い」選択肢に惑わされずに正解を選ぶということができるかどうかがポイントです。

ここではこんな選択肢は選んではいけないという例を具体的に紹介していきます。

文章の内容の一部分だけが違っている。

レベルが高くなればなるほど「選択肢の文章まるごと全部間違えている」ということはなくなってきます。
文章のほとんどが本文の内容と一致しているのに一部分だけが違っているという選択肢が出てくるのです。

生徒たちは文章のほとんどが本文の内容と一致しているので「これだ」と思ってしまいがちです。
しかし一部分が違っていればもちろん不正解です。
重要な単語それぞれを分けて考え、それらのすべてが一致しているかどうかを判断するようにしましょう。

内容が極端すぎる、言いすぎている内容のものには注意。

これもかなり判断に迷う選択肢です。
書かれている内容は本文と一致しているものの、あまりに極端に
言い切ってしまっているものです。

例えば平和について書かれている内容で戦争はいけないと書かれていたとします。
そして選択肢に「戦争はいけないことだから止めなければいけない。
戦争を止めることは他のすべてのことに優先する」とあると、これは「言い過ぎ」である可能性が出てきます。
内容的には間違えてはいないのですが、「すべてに優先する」とまで言うとこれは言い過ぎになるのです。
「強調し過ぎ」「言い過ぎ」「主張が極端」なものはあやしいと思いましょう。

本文に書かれていない内容がプラスされている。

これも先ほどのものに近いひっかけです。
先ほどの例で「戦争はいけないことだから止めなければいけない」ここまでは問題ありません。
しかしその後に「戦争を止めるためには世界中の武器を無くす必要がある。
あらゆる銃器や刃物は使用できないようにしなければならない」とまで書くとそれは「本文に書かれていない内容」ということになります。
物語の主人公の性格などが一致していても「実際にしていない行動」などがプラスされている選択肢は選ばないようにしましょう。

選択肢の削り方をマスターしよう

さんざん悩んだものの答えを一つに絞り切れないことがあります。
そんな場合でも元の4つから1つを選ぶのと、2つまで絞ってから1つを選ぶのとではまったく違います。
正しい選択肢の削り方をマスターしていると正解率を大きく上げることができるのです。

まず心情などを答える選択肢で似たようなものがあればそれは正解ではありません。

例えば選択肢で

  • ア悲しみではちきれそうだった
  • イとても嬉しかった
  • ウ怒りがおさまらなかった
  • エ大いに嘆いた

とあった場合、アの「悲しみ」とエの「嘆く」はかなり近い意味になります。

1つを選ぶ際にこのように似た意味のものがある場合は正解にはならないのでアとエは選択肢から外せるのです。

つまり実際にはイかウの二択で悩めば良いだけ、ということです。

まとめ

選択式問題は簡単に答えを書ける問題ですが、それだけに深いものとなっています。
ここの正解率をどれだけ上げられるかが中学受験の国語の得点を大きく左右します。
しっかりと解き方をマスターして正解率を上げていきましょう。

苦手意識が強い国語の記述。得点をあげる勉強方法

国語という科目は「勉強しにくい科目」でもあり、「教えにくい」科目でもあります。

理科や社会のようにとにかく暗記させればある程度は点数が伸びるということもなく、はっきりとした形が見えにくい科目だからです。

そのなかでも生徒が特に苦手としているのが「記述問題」です。これができないために国語の点数が伸び悩んでいる生徒が数多くいます。

そこでここでは記述が苦手な生徒が点数を上げるにはどうすれば良いかについて紹介していきたいと思います。

(さらに…)

夏までに偏差値をあげる重要性について

今回は、夏までに偏差値をあげる重要性についてです。

中学受験、高校受験、大学受験と色々とありますが、夏休みを含めた、夏までに学力UPをしておくことが非常に重要になります。

その中でも特に中学受験は「勉強の進め方」と「志望校決定時期」について注意が必要となりますので、そのあたりを中心に説明していきます。
(さらに…)

合格するノートの作り方とは?

学校の授業や予備校の講義では、多くの時間をノートをとることに使っていると思います。

このノートがただなんとなく書き写しただけで二度と復習に使われることのないノートになるか、
しっかりと成績につなげることができるツールとして活用されるかはその作り方によって大きく変わってきます。

ここでは受験に合格した人のノートづくりを参考に、役立つノート術を紹介していきたいと思います。
(さらに…)

すでに改革が始まっている?大学の入試改革

国立大学の入試形態が2020年度以降大きな改革があると発表されましたが、実は大学によってはすでに改革が始まっています。

国立大学の入試は大きく二種類に分けられることができます。

一つ目は現在1月に行われているセンター試験(2020年度以降は大学入学共通テスト)を受験し、それを一次選考として通過したものに大学ごとに行われる学力検査、通常は二次試験と言われるものを受けて合否が決まる「一般入試」と言われる学力重視の選考です。

もう一つは調査書や推薦書、志願理由書などの書類や小論文や作文、面接などによって合否が決定する「AO入試」「推薦入試」と言われる入試です。

今回の改革で大きく変化するのは、「一般入試」についてです。

ここではその改革の内容を紹介していきたいと思います。
(さらに…)

2020年度入試改革ではより思考力が重要となる?変化するセンター試験

現在行われているセンター試験が廃止され、2020年度からは「大学入学共通テスト」が実施されるようになります。
これに関しては「名前が変わっただけ」と考えている人がいますが、実は試験内容も大きな改革を迎えます。

一番大きな変化は「思考力」を重視していることだと言えるでしょう。

ここでは思考力とは何なのか、何を学習すれば良いのかについて述べていきたいと思います。

(さらに…)

将来的にはスタンダードに?反転授業とは?

「反転授業」という言葉を知っているでしょうか?

授業といえば、まずイメージされるのは教師や講師が教壇に立って黒板やホワイトボードを使いながら説明、解説を行うというものだと思います。

そして授業で行われた内容の復習として宿題が出され、家庭ではその宿題を行うというのが普通でした。

反転授業はこの従来行われていた授業を「反転」させたものです。

すなわち生徒が家庭でパソコンやタブレット端末を利用して映像教材による授業を受け、学校の授業時間には復習として演習問題を解いたり、教師に質問したり生徒同士で話し合ったりするのです。

すでに世界の諸地域で取り組まれているもので、日本でも自治体単位でこれを導入しているところや予備校などで行っているところがあります。

これからの授業スタイルを一新する可能性がある反転授業ですが、これにはメリットとデメリットが考えられています。

ここではそれらを順に見ていきたいと思います。

(さらに…)

静岡県立清流館高校に合格したケース|受験直前の苦手科目対策を集中的に行いました。

今回お話を伺ったのは、静岡県立清流館高等学校に合格した生徒を教えていた家庭教師の方です。

試験直前の苦手科目対策として、家庭教師を依頼されたそうです。
ついつい後回しにしたくなる苦手科目の勉強、一体どのようにして勉強をすすめられたのでしょうか?

(さらに…)